BETA (ITALIA)


Evo2T 2017年モデル NEWイグニッションとCDIによるエンジンレスポンスの向上と排気量別の進化

front-left-690x462right-640x431

モデル 車輌価格(税別)
Evo2T300 ¥898,000
Evo2T250 ¥878,000
Evo2T200 ¥849,000
Evo2T125 ¥839,000
Evo4T300 ¥980,000
Evo4T250 ¥970,000

送料10,000円(税別)別途かかります。

2017モデル変更点

エンジン

・Newクランクシャフトシール
クランクシャフトとオイルシールとのフリクションロスを低減しエンジンレスポンスが向上しました。
・Newイグニッションコイル
新しいコイルによる電力増大が、スロットルレスポンスを向上させ、より安定したキャブレーションを提供します。
・NewCDI
新採用のデュアルスパークシステムにより、燃料供給のバランスを向上させながらキャブレーションを最適化し、低回転域でのリニアなパワーデリバリーを実現しました。
・Newボルテージレギュレータ
冷却ファンへの電力供給を増加させ適切な冷却水温度でのオペレーションが実現しました。
・Newスパークプラグ
NGKイリジウムプラグを採用。

サスペンション

・Newサスペンションセッティング
フロントフォーク及びリアショックはBetaファクトリーチームからフィードバックされたセッティングに更新されています。また、新設計されフォークスライダーはフリクションロスを低減しスムーズなサスペンションワークをアシストしています。

NEWエクステリアとグラフィック

新たなEvoシリーズとしてリ・デザインされたボディワークとグラフィックはイタリアンテイストに溢れた、しなやか且つ魅力的なデザインです。その一端を担うヘッドライトマスクはLEDライトを装備しています。

リアブレーキポンプ

・Newリアブレーキポンプ
より強力でプログレッシブなブレーキングフィールを得ました。

2017 EVO300の進化

Newシリンダー
ガスケットとの接合エリアを変更し気密性と耐久性が向上しました。

2017 EVO125の進化

・Newジェネレーター
2016Evo2T250や300と同様の12ピンタイプステーターコイルを採用。イグニッションシステム及びライティングシステムに安定した電力を供給します。
また、フライホイルも変更されエンジン重心がセンターへ集まり、スロットルレスポンスが向上しています。
・Newクランクシャフト
エンジンストロークを54.0mmから54.5mmに変更し排気量が増加しました。
・Newサイレンサー
内部構造を見直しエキゾーストノイズを低減。トップエンドのパフォーマンスも向上しています。

2017 EVO250の進化

・Newシリンダーポート
エキゾーストポート及びトランスファーポートポジションを見直し、エンジン回転全域を最適化しました。
・Newコンバスチョンチャンバー
燃焼室内のスキッシュエリア及びアングルを見直し、エンジン回転全域での燃焼バランスが向上しました。
・Newサイレンサー
パンチングパイプ部及びフェルト材を見直し、排気音の低減と快適性が向上しました。

tank-closeup-640x427
up-640x434front-640x427


Evo4T 2017年モデル

evo4t-690x462

モデル 車輛価格(税別)
Evo 4T300 ¥980,000
Evo 4T250 ¥970,000

送料10,000円(税別)別途かかります。

4T参考映像(最新モデルではありませんが、4Tの参考映像としてYoutubeにアップされている動画)

エンジン音
http://youtu.be/s_bO_KivI_A

BETA MOTOR JAPANのサイト